ハーブ・ラベンダーについて

健康に生きる

〜自然な物を取り入れて体内からきれいになろう〜
 


ハーブとは

「ハーブ」という言葉は一般的に、薬効効果のある植物、あるいは風味や
香りのよい植物のことをハーブと呼びます。
ハーブは薬として病気の治療や予防に使用されます。植物は葉、根、実、
種など複数のパーツから構成されています。ハーブには「全体的に体調を
調えるハーブ」、「痛みや炎症を抑えるハーブ」、「筋肉の痙攣を鎮めたり、
体の免疫機能を高めるハーブ」、「興奮作用を持つハーブ」、「リラックス
するハーブ」、「バクテリアを殺すハーブ」などがあり、ハーブの種類に
よって効能もさまざまです。
ここで紹介するのは、薬効効果のあるハーブです。

 

ラベンダーについて

ラベンダーとはシソ科の植物です。紫の花をつける種が多い。地中海沿岸
原産で、有名なハーブのひとつです。香りの女王とも呼ばれる芳香から、
ポプリや入浴剤、ハーブティなどに使われています。この香りは、殺菌、
消炎、鎮静効果のある酢酸リナリルなどを含んでいます。また花や茎から
とれる「ラベンダー油」は香水などの化粧品の原料になもなります。

 

ラベンダーの効果について

ラベンダーには大きくわけて3つの効果がありますので紹介します。

心に対するはたらき

怒りやいらだち、抑うつ、緊張、ストレスや不安などを和らげ、リラックス
させます。また、不眠にも効果があります。

体に対するはたらき

痛みを和らげる作用があり、鎮静作用や抗痙攣作用、抗炎症作用などと
一緒にさまざまな痛みに役立ちます。頭痛、偏頭痛、神経痛、筋肉痛、
捻挫、腹痛やリウマチのような鋭い痛みにも効き目があります。
また、呼吸器系にも有益で、気管支炎、喘息、風邪、喉頭炎および咽喉の
各程の感染症のような障害に効き目があり、予防の効果もあります。

お肌に対してのはたらき

新しい細胞の成長を促すとともに鎮静、緩和、皮脂分泌のバランスをとる
効果を示す作用がありますので、あらゆるタイプのお肌に利用できます。
やけどや日焼けのしすぎを治す力は有名ですが、その他にもにきび
湿疹、乾癬にも役立ちます。
また、フケやフケ毛、シラミの駆除にも効果的!

注意!

低血圧症の人のなかには、ラベンダー油を使用した後、少し感覚が
鈍化して眠くなってしまう人もいます。また、この精油は通径剤なので
妊娠の初期の数か月の間は使用するのを避けて下さい。

 

ラベンダーのおすすめレシピ

ハーブティーにしても、オイルを炊いてももちろん効果はありますが
ここでは、一工夫をしたラベンダーのおすすめレシピを紹介して
いきます。

ラベンダーのビスコッティ 【材料 4人分】

  ・アーモンド...100g
・ラベンダー...1/4カップ(6g)
・ホワイトチョコレート...40g
・卵...M2個
・グラニュー糖...90g
・小麦粉... 230g
・BP...小さじ1
・塩...1つまみ

作り方
1.アーモンドは小さく切って、ホワイトチョコレートはレンジで
溶かしておく。オーブンを175度に設定。
2.ボウルに卵を入れ、泡だて器でほぐす。@、砂糖、ラベンダー、
   を加える。
3.ベーキングパウダーと小麦粉を加える。丁寧にまぜ生地を作る。
4.2つに分け、それぞれ両手を使ってコロコロ転がしながら、
   25,6cmの棒状にする。それを上から軽く押さえて1.5cm
   ぐらいの高さに整える。
5.オーブンの中央で15分ぐらい。その後取り出し、温かいうちに
2cm幅ぐらいのスライスにして、オーブンを100度に下げる。
6.片面15分〜20分。ひっくり返して15分〜20分。
乾燥したと感じたら出来上がり!

 

ラベンダーミルクゼリー 【材料 2人分】

・ラベンダー(ドライ)...小さじ1
・粉寒天...小さじ1
・牛乳...100cc
・水...150cc
・砂糖...小さじ3
・ブルーベリー(生)...5粒
 

作り方
1.材料をブルーベリー以外の材料をすべて鍋に入れ、火にかける。
2.ブルーベリーをつぶして加えまる。皮だけで大丈夫。鍋にこすり
   つけるようにして色をつける。
3.軽く煮立てたら、火を止め、漉して、冷ます。
4.冷蔵庫で冷やし固まれば出来上がり!


pickup

オリジナルのネックストラップ
http://www.neck-strap.jp/

2015/10/13 更新

 


 

Copyright (C) 2008健康に生きる  All Rights Reserved