健康に生きる

〜自然な物を取り入れて体内からきれいになろう〜
 

ハーブとは

「ハーブ」という言葉は一般的に、薬効効果のある植物、あるいは風味や
香りのよい植物のことをハーブと呼びます。
ハーブは薬として病気の治療や予防に使用されます。植物は葉、根、実、
種など複数のパーツから構成されています。ハーブには「全体的に体調を
調えるハーブ」、「痛みや炎症を抑えるハーブ」、「筋肉の痙攣を鎮めたり、
体の免疫機能を高めるハーブ」、「興奮作用を持つハーブ」、「リラックス
するハーブ」、「バクテリアを殺すハーブ」などがあり、ハーブの種類に
よって効能もさまざまです。
ここで紹介するのは、薬効効果のあるハーブです。

 

ローズマリーについて

ローズマリーは、地中海沿岸原産の淡いブルーの小さな花を咲かせる
ハーブです。ハーブとしてのローズマリーの歴史は古く、ヨーロッパなど
では古来より人々に親しまれ、活用されてきた植物です。
現在でも、世界でもっともよく使用されるハーブのひとつです。
ポリフェノールの含有量が非常に高く、優れた活性酸素消去活性・抗酸
化力を発揮します。
炎症抑制効果があって、欧州では関節炎の医薬としても使用されてい
ます。また、ロズマリン酸には、花粉症の症状を和らげる作用もあります。

 

ローズマリーの効果について

ローズマリーには大きくわけて3つの効果がありますので紹介します。

心に対するはたらき

心に活力を与え、元気づけます。
心が疲れているときや、無気力なときに役立ちます。

体に対するはたらき

幅広く役立つ精油で、身体のさまざまな機能を活性化させるといわれ
ます。低血圧や手足の冷えに、お風呂やマッサージに使用します。
記憶力や集中力、注意力を高めるのを助けるには芳香浴に用います。
無気力や、頭痛、偏頭痛にも役立ち、また、消化器系の働きを助けます。
月経周期を整えたり、月経痛を和らげるのにも効果的です。
風邪やインフルエンザ、咳、関節痛やリウマチなどにも役立つといわれ
ていて、まさに万能の働きをしてくれます。

お肌に対してのはたらき

強いひきしめる作用があるので、たるんだ皮膚に有効なうえ、肌のうっ滞、
むくみ、腫脹も改善させます。この精油は刺激作用があるところから、
頭皮の障害にも効果を発揮しふけを抑制し、毛髪の成長を促進します。

注意!

妊娠中の方は使用しないで下さい。
高血圧、癲癇の方も使用を避けて下さい。

 

ローズマリーのおすすめレシピ

ハーブティーにしても、オイルを炊いてももちろん効果はありますが
ここでは、一工夫をしたローズマリーのおすすめレシピを紹介して
いきます。

ローズマリーのクッキー 【材料 20個位】

・小麦粉...150g
・砂糖...50g
・サラダ油...50g
・ローズマリー...3g(3本位)
 

作り方
1.ローズマリーの葉をみじん切りにする。
2.小麦粉と砂糖とローズマリーを手で混ぜる。
3.油を入れて、まとまるまでこねる
4.手で丸め、180度15分焼いたら出来上がり!

 

ローズマリースコーン 【材料 直径7cmセルクル型12個分】

  ・強力粉...320g
・薄力粉...120g
・BP...小さじ2
・バター...80g
・生クリーム...200cc
・牛乳...50〜60cc
・塩...1つまみ
・ローズマリーの葉...大さじ1位

作り方
1.ローズマリーは細かくみじん切りにし、バターは1cm核に切り、
   冷やしておく。
2.大き目のボウルにバターと粉類をいれ、手ですり合わせて
   そぼろ状にする。
3.そこに生クリームと牛乳と塩とローズマリーを加え、へらで混ぜる。
4.ひとまとめにして2cm位の厚さに伸ばしきるなり抜くなりする。
5.200度に予熱したオーブンで20〜25分焼けば出来上がり!

check

美容室を金町で探す
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000255083/

Last update:2016/6/15


 

Copyright (C) 2008健康に生きる  All Rights Reserved